私どもの有機無農薬の野菜つくりの失敗の数々がロハス
・スローライフの田舎暮らしの一助ともなればと恥忍んで
書くことに致しました。
有機無農薬の堆肥作り、まだまだ分からぬことばかり、
皆さんと一緒に学んで往きたいと思っています。
........................................

2009年02月14日

有機無農薬野菜つくり・畑を借りるまで     2007,10・下旬

畑の借りるまで・初めての畑

この地に来ることになってもうじき4年。
その間ずっと畑ができていればもう少しましな状態で書けたと思いますが、でもそうならなかったからこれを書くことになったと思えばそれはそれでよしとせねばなりません。

実はもっと前から畑したかったので農協などで貸してもらえそうなところないか聞いてみたんですよ。

でも「そんなところ知りません」ってまったくつれない返事なんです。
よそ者にはまったく田舎って所は相手にしてくれない所があるんですよ。
聞いた人が悪かったかもしれませんが。

ところが一昨年、主人が波止釣りで仲良くなった人に聞いて貰ったらすぐ貸してもらえる先が見つかったというわけなんです。

外から頼めば進まぬものが中から頼めば一瞬なんですから。

DSC04504.JPG

10月下旬に決まってそれから畝つくり。

最初主人すべて私任せで考えてた節があるんですが、何せ借りれた土地
130〜140坪ほどあって女手ひとつでやるにしては少し大きすぎたんです。

それで主人仕方なく最初の畝つくりまでメタボ解消かねて手伝うことになったんですよ。

でもホントはそんな簡単な話ではなかったんです。

もちろんメタボ解消が目的ですから耕運機などの機械使わずに鋤・鍬でのすべて手つくりですから主人にしたらちょっとした重労働。
借りた畑、家庭菜園にしては大きすぎですよね。

其の上永らく放っておいた畑だけに背丈ほどの雑草抜くだけで大変。

DSC04775.JPG

とりあえず年内植える分のため90センチ*5メートルの畝6つだけ先に簡単に畝つくりして白菜、ほうれん草、高菜、大根、ソラマメと少しづつ植えたのがすでに11月も中頃過ぎていました。

畝つくりの話は次回。

posted by さゆり at 16:11| Comment(0) | 耕作・畝つくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。