私どもの有機無農薬の野菜つくりの失敗の数々がロハス
・スローライフの田舎暮らしの一助ともなればと恥忍んで
書くことに致しました。
有機無農薬の堆肥作り、まだまだ分からぬことばかり、
皆さんと一緒に学んで往きたいと思っています。
........................................

2009年04月25日

有機無農薬野菜つくり、4月畝つくりと定植

遅れ気味の畝つくり

あれだけ最初気乗り薄だった主人、目下のところ大忙しで連日雨以外畑通い。

どうも冬の間少し怠けすぎたようで、次々植えるものが出てくるのに畝たてができていない状態。

確かに種蒔いた分については、種からの育ち遅れているからタイミングあってるんですよ。

でもこちら全国平均より温暖なため、苗の出てくる時期がずいぶん早くてもたついてると苗売れて終いかねないんです。

実はトマトも思ったほど苗育っていないため苗の追加しています。接ぎ木苗7本に普通の苗16本。

あとは大・中・ミニ取り混ぜて40以上種から育てて自前の苗。

これで幅広の畝3つと一列用が1つ、やっと完成させて買った分は一応定植すみ。

でも種から育てた分はまだ小さくてもう少し先のほうがよさそうです。

キュウリは私ほど主人喜ばないので、買った苗でコーンと同じ畝に定植。

コーン昨年種から育てて、ホント小さくしか育たなかったので今年は苗からなんです。

レタス・サニーレタス、種から一杯育ちましたのでこれは広幅の畝に何列にも植えつけました。

スイカにカボチャ、うねが7・8Mなので苗3つづつ買いこんで植えてあります。

これらも去年は小さくて甘みのないスイカだったり、カボチャ実ができなかったりで大失敗。

去年の畑とは明らかに土変わっていますが、その効果出てくれるか心配していますが、主人は案外心配していないようです。

畑の耕作と土作り自分が引き受けてるもんですから、変に自信もってるんですよ。

枝豆は目下すくすく、種からですが成長中です。

そんなこんなで畝つくり遅れ気味で、今はやっと主人長いもに取り掛かっています。

去年はすでに植え付けしていたように思いますが、今年は遅れそうです。

でもまだしし唐や大根・人参・里芋の畝できていないので植え付けできない状態なんです。

サツマイモはソラマメやエンドウ全部終わればそのあとで良いかなって思っていたらなんともう苗売られだしていて多少焦り気味。

やはり来年は主人たきつけて冬の間にもっと畝つくりやらないとなんて思う今日この頃でございます。
posted by さゆり at 21:12| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。