私どもの有機無農薬の野菜つくりの失敗の数々がロハス
・スローライフの田舎暮らしの一助ともなればと恥忍んで
書くことに致しました。
有機無農薬の堆肥作り、まだまだ分からぬことばかり、
皆さんと一緒に学んで往きたいと思っています。
........................................

2009年10月17日

有機無農薬野菜つくり、10月・白菜定植

苗の全滅


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

今年の白菜、なんかケチが付いてるようです。

春は青虫が付いてまずは白菜から丸坊主にされ、ついでキャベツまでも駄目にされてしまったんです。

今度こそと思ってネットを張った中に直植えしたものが本の少し芽が出ただけで寂しい限り。

それで仕方なく家のほうでプランターに種まいておいたところ今度はプランター一杯育ってやっと定植というところまできたのです。

所が家の庭だけに虫にやられるなんて今まで無かったものだから安心していたところこれもあっという間に字句だけ残して丸坊主。

葉物野菜の難しさ大いに味わうことに。

もう白菜種からでは遅いということでホームセンターあちこち見てみたんですが一軒だけ少し残っていただけです。

というようなわけで遅いながら種の直播気ということになってしまいました。

結球しないかもしれませんが、そうなったらそうなったでバラ白菜でもいいじゃないと思っています。

どうせ商売で植えているわけでなし、有機無農薬で直なりの新鮮野菜食べれたらそれで良しなんですもの。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
posted by さゆり at 15:53| Comment(2) | 植え付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

有機無農薬の野菜つくり、5月の植え付け

5月いろんな野菜の植え付け

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

とうとう更新せぬまま5月も終わり、6月に入ってしまいました。

それでまとめてこれまでの植え付け書いてみようと思います。
畝全部で32あります、短いの4メーターから長くて8メーター。
それにいろいろ植えてみようとやってきました。

5月4日  ヤマイモ40−畝14・15
5月8日  シシトウ4−畝#20
      トウガラシ4ー畝#20 
5月11日 追加のキュウリ3、マッカ2、メロンマッカ1−畝7
5月16日 ズッキーニ2−畝#9
5月22日 サトイモ25−畝#13・27
      しょうが6−畝#27
5月23日 サツマイモ110−畝#22・23・24・25・30
5月25日 コマツ菜・点まきー畝#12
      カブラ菜・点まきー畝#12
5月27日 コンニャクイモ5−畝#16

それ以外もこの際書いておくと、
3月    ジャガイモ(男爵・メークイン・ノーザンルビー。インカのめざめ)ー畝#17・26・32
      豆(インゲン・枝豆)−畝#19
      コーンー畝#29

4月    サラダ菜(レタス・サニーレタス)−畝#10
      スイカ(大玉1・小玉2)ー畝#18
      トマト(大玉・中玉・ミニ各15)−畝#1・2・3・4
        サターン、桃太郎、ビタミンA、アイコ、その他いろいろ植わっています。
      ナスー畝#5・6

それ以外にも
畝#28には春キャベツがまだ残っているし、畝#21は来年の苗用のイチゴ、畝#16にはニンニク、畝#12・31の一部にカリフラワー。

一番最近では
6月1日  落花生ー畝#31


こちら冬暖かいもんだから、どんな作物だってほかより植える時期が早いので、苗の売られるのが早くなります。。

案外苦労したのはサツマイモ

2009 06 04 畑(芋、スイカ、ナンキン) 012.jpg

4月の中ごろにはどこの店からも苗が消えて、入荷予定を聞いても「もう入りません」なんでビックリ。

去年失敗で今年は苗100本ほど予定していただけに大あわて。

サツマイモ6月でも十分生育と本にも出ていたんですよ。
それで畝つくり主人にせっついて早めてもらいました。

世間様では耕運機であっという間に畝つくりでしょうが、こちらの借りた畑 石がというより瓦礫が多くて、昨年も随分悩まされたのです。

今年も同様ですが、だからすぐ借りれたと思えば文句も言えません、それにエライの私じゃないですから。

耕運機あっても跳ね飛ばされて、こうなるとツルハシや鋤にかないません。

主人、人間ブルドーザーですから、たっぷりの汗でメタボ解消なんてうそぶいてますしね。

苗も農協から手に入れて、結局110本、5畝。

2009 06 04 畑(芋、スイカ、ナンキン) 010.jpg

これだけあれば少々不作でも安心できます。

一畝だけ、土にたっぷりの砂混ぜて、サツマイモにあった環境つくりを狙ってみました。
収穫したとき 他のと味に違いが出たり育ちが変わるの 大いに楽しみです。

それに昨年は、EMだけが頼り。
嫌気性の微生物が多いため堆肥の分解が進まない部分もありました。
それで今年は好気性の微生物が多く含まれた「梅廃液」を利用した液も併用して様子をみています。

こちらも結果が楽しみ。

やはり土良くなるのが農業の基本のようです。
昨年小さなコーンしか出来なかったトウモロコシ、先日の強風で根元から倒れてしまったのですが、元に戻してやりましたら、今はすくすく育っています。

2009 06 04 畑(芋、スイカ、ナンキン) 006.jpg

それで尚のこと、土の変化実感してます。

そういえばトマトだってほとんど倒れたり、折れたりして壊滅状態でしたが、これも今ではほぼ蘇生してくれ、実まで付け出して主人喜ばせています。

2009 06 01 畑、ワンコ、虹、ジャガイモ、こんにゃく芋、落花生、強風 116.jpg

主人ヤマイモとトマトたらふく食べんがために畑手伝いだしたようなものですからね。

コンニャクも主人好物なので、コンニャクイモ見つけて買ったようです。
でもコンニャクの作り方ネットで見つけたようですが、コンニャクイモの育て方は未だ分からないようなので、こちら収穫まで持ち込めるか少々疑問。

      
posted by さゆり at 14:32| Comment(1) | 植え付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

有機無農薬野菜津ky利、3月・種まき2

ナス。シシトウに続いて

ナスとシシトウ見事に失敗したこと全快書きました。
でも引き続きレタス、サニーレタス、それに大根。

レタスにサニーレタスは横型のポッドに一杯順調に芽が出てくれました。
こんなたくさん芽が出ても困ってしまいます。

PHTO0019.JPG

だって植える場所も一畝しか予定してないし、よしんば植えれてもできすぎて処分に困りそう。
なんせ夫婦二人なんですから

主人そのようす見て、早速 こんな沢山苗育ててどうするつもり?なんて言うんですよ。
それで、良いのだけ残して後は間引くから大丈夫なんていっときました。

でも中か捨てがたいんですがね。
最も間引きだってたべれますから。

大根の方は少々時間が掛かりましたがやっとこの頃ちらほら芽がでだしてきました。
デマまだまだ寂しい限り、時間掛かりそうです。

トマト種まい手新聞紙の上からポリのシートかぶせて軒下においておきました。
1週間ほどしたところで主人に取り上げられてしまいました。

もともと畝つくりまで手伝う、それも嫌々ながらだったんですよ。

ところが畑やりだして、本や雑誌見るようになって私のやり方が気に入らないようになって来たみたいですの。

主人に言わすと、トマトやナス播く時点では土の温度低いから温度上げる工夫が必要なんて。

それで昼間 太陽のあたるところに新聞被せた状態で当てて土の温度上がるようにしましてね。
夜は発泡スチロールでおおいしていました。
二重に発泡スチロールに入れれたら良かったようですがちょうど良いのがなかったそうです。

でもそのお蔭かチラホラ芽が出てきましたから、効果あったかもしれませんね。

トマト、大玉に中玉、それとミニトマトと3種類です。
大玉、ミニはまだ3本、とか5本程度、中玉で13本とまだ数えれる程度。

この分ならこちらも苗追加で買わなきゃって言いましたら、もっと最初から温かくしてればなんてね。

主人来年はミニ温室するか、なんとか温度上げる工夫してやってみるんだと今からてぐすね引いています。
それならもっと色んな種類の種手に入れてできるかもしれません。

ジャガイモは畝3つ使って直植え。

最初に植えた男爵20個、すべて芽が出て順調そのもの。
1週間遅れで植えたメークインも後追うように芽が出て、こちらも問題なさそう。

PHTO0016.JPG

それから少し遅れたインカのヒトミにノーザンルビーも何とかいけそう。

PHTO0037.JPG

PHTO0036.JPG

PHTO0038.JPG

PHTO0039.JPG

乾いた土割って芽が出てくるのですからたいした生命力。

去年の春も最初うまく育っていたんですが途中から葉が枯れだし痛い目にあったんですよ。
ほとんど途中でかれて大きく育ちませんでした。

ジャガイモ「誰でも簡単に育つのに失敗だなんて」って笑われたもんです。
その後で秋のジャガイモはうまく出来ました。
何が何でも失敗ばかりということでもないんですよ。

色んな失敗しながら、まだまだ試行錯誤の日々の連続のようです。
posted by さゆり at 08:43| Comment(0) | 植え付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

有機無農薬野菜つくり、種まき1     09,3月 

種まき・ナスビ、シシトウ

昨年植えたのがナスビにシシトウまだ沢山残っていたので、それをポッドで播くことにしました。

去年初めてでもうまく行ったんです。

ところが10日立っても芽が出ないんです。
とうとう2週間過ぎた頃には諦めました。

PHTO0029.JPG

きっと去年の種では駄目だったようですの。

主人土の温度が低すぎで、もっと温度上げる工夫するべきだって言うんですよ。
去年の種一因かも知れないが、芽を出すには温度がまだ低過ぎだってね。

でも私が見た本には芽が出るまで新聞紙で覆いして日に当てないと書いてるんですよ。
芽が出てから覆いとって日に当てるよって。

主人だってもともと畑素人何ですよ。
きっと何かの本読んだに違いないんですが昔から知ってるような顔して自己主張曲げないんです。
こんな風に知識ないもの同士でいつも言い争い何ですよ。

どうせナスビもシシトウも数株程度しか育てる気ないから、諦めて苗買うことにしました。
posted by さゆり at 13:31| Comment(0) | 植え付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。