私どもの有機無農薬の野菜つくりの失敗の数々がロハス
・スローライフの田舎暮らしの一助ともなればと恥忍んで
書くことに致しました。
有機無農薬の堆肥作り、まだまだ分からぬことばかり、
皆さんと一緒に学んで往きたいと思っています。
........................................

2010年02月02日

有機無農薬野菜つくり、1月(10年)・収穫物

ジャガイモ

相変わらず家内の右手ふじゅうな為、当方が当分続けることにした。

秋植えのジャガイモの葉が枯れてきていた。

そろそろ取り入れとばかりに堀出すことにした。

先ず去年の秋初めて植えたアンデスから。

買ったとき、小さい芋しか入っていなかったのでこれでちゃんと育つか心配していた。

ところが同じような大きさで平均的に育ってくれて一安心した思いがある。

そう大きなものはなかったがそこそこ出来てくれていた。

今は白菜も結球したのは採ってしまったから数少ない収穫物である。

出島は昨年はうまく育ったが、今年はこの畝アライグマの標的にされて荒らされたからか育った苗も少ない。

そのため収穫できたのも4種類のうちで最も少なかった。

西豊はびっくりするような大きい芋が付いた割には収量もう一つで、これも昨年のほうが良かったようである。

農林2号は大きさ収量とも良かったため、6mの畝の半分掘り出すのやめておいた。

アンデスも他の畝にも植えるほど種芋があったので、これも半分ほど残してある。

手探りの有機無農薬だから手軽に化成肥料で大きくしたり、収量増やしたりと行かぬ、それに地中で虫にやられたりということは土が完全に良くなってる訳ではない様だ。

サツマイモ掘り出したときも畝によって皆目実っていなかったり、結構良く出来ていたりと大きく違いがあった。

サトイモだって好く出来た畝とそうでない畝があった。

まだまだ勉強が必要なようである。


posted by さゆり at 11:17| Comment(19) | 収穫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

有機無農薬野菜つくり、12月・収穫物の差

畝違いの同じ苗から

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村


当分の間、当方がバトンタッチして書くことになった。

実は家内「飼い犬にかまれる」の諺どうりで目下医者がよいで右手が使えぬ。

未だしばし腱伸ばすリハビリにかかりそうである。


写真の長芋を比較していただきたい。

P1010074.JPG

実は今年長いも用に6メーターの畝2つ作った。

両方とも25センチ程度の少し高い目の畝である。

その一つに45センチ高さのコンパネで囲って高くして土入れておいた。

左の大きいのはコンパネで畝を上げた法の長いもで、右は畝に直接長いもを植えつけた。

両方の畝部分は同じように土掘り返して堆肥すきこんでいる。

コンパネ部分も同じように堆肥すきこんで土入れてあるんだが、そのほうが土がフカフカのようであった。

丁度コンパネ部分の土から畝にかかるところで、土の抵抗が変わるかして、栄養分がたまりこむのか大きく膨らむ。

畝だけのほうに大和芋だけを植える心算でいた。

長芋が余った関係で残りに長い藻を植えることにした。

まっすぐ下に伸びたら、コンパネの囲いははずせば済むが、畝から直接掘り出すのは大変とは思ったが。

大和芋は畝の中で、昨年より立派に大きく育った。

一段あげたほうも、去年より長く、太く育って1年目より2年目の経験の差かな。

連作障害もEM菌で解決できているようである。

但しじかに植えた方の長芋は去年並みか少し小さめで、耕した土の深さに関係が在るのが理解できる。

比較せんとて植えたわけではないが、そのお陰で今後の育て方に示唆与えてくれることとなった。

多分コンパネもっと高くして90センチにして使えば、より長く伸びたのが出来てくれそうである。

その代わり、より砂地の鳥取産の粘り気の無い長いもに成って、折角苦労しながらがっかりさせられることにもなるかも知れぬ。


すさみの山でも自生する自然薯、見つけても掘り出すのは大変。

固い土で何年もかかって大きくなるから粘り気もあって本当においしく掘り出すのに苦労した甲斐がある。

それを2年も3年も待てないとて、たったの1年で長くて粘り気のあるのを作ろうなんて不貞輩七日も知れぬ。

でもそれを何とか両立させる方法が見つからないかと模索するのが楽しい。

それが出来れば当地の特産品になる。

最初から大きさも味も両立なんて無理だから、まずはすくすく大きく伸びたのを作って、味はそれから。

来年は90センチのコンパネで囲い作って挑戦、でもそこに入れる土が大変。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村



posted by さゆり at 20:19| Comment(0) | 収穫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

有機無農薬野菜つくり、11月、これからの楽しみ

山芋・サトイモ・サツマイモ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村


一応イモ類は全て試し掘り済ませています。

山芋、大和芋は掘り出してすって食べてみました。

もう少しとろみがあっても良かったのですが、案外粘り気が無くがっかりしましたがお味のほうは濃厚でした。

マァ良しとしましょう。

長いもの方は板囲いして作ったので、板はずして一つだけ掘り出すわけにも行かないので未だなんです。

去年とまったく同じところで作っているのでどんなものか多少心配ですが。

その代わり畝たて時にたっぷりEM施しておきましたので連作障害起こらないかもなんて思っています。

サトイモ2畝作ったのですが一畝は未だ土がよくなっていず、葉の茂りも小さく実りも少ない状態。

でも土良くなってきた畝では、葉の茂りも大きく、一杯芋が付いていて、土の力実感です。

去年と比べて雲泥の差なんです。

こちらは年末まで土の中で保存しておきましょう。

サツマイモも、昨年は大して実らず残念な結果でしたが、今年はたっぷりいも付けてお味のほうもグーでした。

これなら随分長く楽しめそうです。

それ以外に芋では秋のジャガイモ3種類植えて目下すくすく育っているところです。

去年はそこそこ収穫出来ていたのですが今年はどうでしょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村



posted by さゆり at 12:10| Comment(0) | 収穫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

有機無農薬野菜作り・初収穫         2008,1・下旬

初収穫の喜び

やっと今回初めての収穫の喜びについて触れてみたいと思います。

釣りは釣りの楽しみがあるようですが、野菜作りはまた違った楽しみがあると思うんですよ。

野菜作りは種をまかないと芽が出ないし。計画的に肥料分がなければ有機であろうが無機であろうが収穫に繋がりません。

釣りだって餌の良しあし釣り方の良しあしあるとはいえ、基本的にはあなた任せ。

気候天候でどうにでも変わったり、全く魚がいなくなったり。
また逆に ど素人でも入れ食い状態起ったり。

所が野菜作りと来ては、有機でやるか無機でやるか、農薬使うか、無農薬でやる代わりに苦労覚悟するとかいろんなことが考えられます。

何を育てたいか、種からするのか、苗買ってや接ぎ木を買うとか選択肢が幾つもあります。

要するにこちらが計画立ててやって行く所に面白さや楽しさがあると思うんですよ。

その代わり肥料足りなくて満足に育たなかったり、育って喜ばせながら1夜にして虫に食い荒らされるなんてこともあります。




白菜・高菜同じ畝に並べて植えたんですが両方同じように育ち大い喜んでいました。

高菜初収穫迎えながら同じように育った白菜、結局結球せずままつぼみが出てきて葉が固くなり残念ながらあきらめざるを得ないことになってしまいました。

有機無農薬の野菜つくり23

一方は成功で一方は見事失敗と大きく結果が変わってしまったんです

有機無農薬の野菜つくり22

有機無農薬の野菜つくり23

ホウレンソウも世間様のように大きくならないまま小さいのを収穫することに。

大根、ソラマメはまだこの時点では小さい状態で収穫はまだ先のこととなりました。

高菜初収穫の喜びもらえたばかりでなく、葉を摘んだらまた次々出てきて長く収穫できて望外の喜び。

白菜に関しては植え付け時期が遅くて失敗したのが明らか。
次ぐに植えるときその教訓生かして、早くしてちゃんと結球させることが出来たんですが、今度は虫に襲われて思わぬ苦戦することに。

此方はいずれ報告したいと思います。
posted by さゆり at 15:51| Comment(0) | 収穫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。